【上海発】恒川システム(上海、上川著芳代表取締役)は、中国語に対応したECサイト構築が可能なASPサービスと現地でのサポートサービスを開始した。SMB(中堅・中小企業)の中国進出を支援する。

 SMBのECサイト構築ASPと現地サポートサービスは、初期費用が5万元(約65万円)、月額料金が1万元(約13万円)程度に設定している。通常は導入費用に1000万円近くかかるが、1年間の利用でも5分の1程度と安価に設定したことで、SMBの利用を促していく。

 ユーザーからの問い合わせに対して、サポート要員が電話などで対応するコールセンター機能をオプションでつけることで、SMBが中国にオフィスを構える必要はない。さらに、同社が商品を受け取ってユーザーに届けるなど、流通も支援するほか、中国最大手ショッピングサイト「タオバオ」への出店などもバックアップする。

 日本には、中国市場でビジネスを手がける意欲をもつSMBが多く存在するが、文化や慣習、ビジネススタイルなどの違いで、進出を躊躇するケースがあるのも事実。上川代表取締役は、「よい技術やよい商品をもっているにもかかわらず、日本企業が世界で事業拡大できない状況を、EC構築の立場から少しでも打破していきたい」と語る。

 恒川システムは、2003年にオフショア開発からスタートしたソフト開発企業で、現在ではEC関連システムの構築をはじめ、販売管理システムや物流管理システムの開発、大手メーカーの無人受付システムの販売などを手がけている。EC関連ビジネスが売上げ全体の50%程度を占めることに加え、日系企業の中国市場向けECサイトの構築にも実績がある。

上川著芳代表取締役