米ラリタンは、デジタルKVMスイッチの新バージョン「Dominion KX II 2.3」を発売すると発表した。

 「Dominion KX II 2.3」は、マルチモニタに対応し、1920×1080ピクセルのフルHDをリモート映像解像度で実現。フルスクリーンとワイドスクリーンの選択が可能で、初期設定で第2のモニタの画面にフルスクリーンモードでKVMセッションを開くよう切り替えることができる。

 カスケード(ティアリング)機能によって、1個のベーススイッチから別の階層スイッチに直接接続して、ベーススイッチ経由で階層スイッチへアクセス可能。また、デュアルコンピュータインタフェースモジュール(CIM)によって、ターゲットサーバー1台を新製品2個に接続することで、冗長性と信頼性の向上に加え、ターゲットサーバーへのIPアクセスを倍増できる。

 新しいセキュリティ機能として、カスタマイズ可能なログイン時のセキュリティバナー、ハッカーに侵入を断念させる設定可能なTCP/IPポートなどを搭載。さらに、連邦情報処理標準(FIPS)140-2認証済み暗号化モジュールを搭載し、業界で最もセキュアなKVM-over-IPスイッチを実現している。