ニュース

住商情報システムがRIA最新版、64ビット対応へ

2010/08/05 10:17

 住商情報システム(中井戸信英・会長兼社長)は、8月5日、64ビット対応のエンタープライズ向けRIA開発環境「Curl Development tools for Eclipse Ver.7.0.1004(CDE)」と、実行環境「Curl RTE Ver.7.0.4」の最新版の提供を開始した。

 Windows7の登場で64ビット版OSの需要が拡大していることを受け、Windows 7 64bit版OSに対応した。これによって、業務システムに求められる幅広いプラットフォームへの対応が可能になった。
  • 1

関連記事

BCNとデータコア、住商情報システムの3社、仮想化市場攻略セミナー開催

<RIA特集>クラウド到来以前に「RIA」需要が高まる

マジックソフト、業界初、次期版でRIA開発機能で携帯電話をサポート

住商情報システム 社内FA制度を開始 社員にキャリア選択の道開く

日本SGIと住商情報システム、NASゲートウェイ製品で販売提携

外部リンク

住商情報システム=http://www.scs.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>