富士キメラ総研(田中一志社長)は、デジタルコンテンツの国内市場の調査結果を発表した。

 同社は、「デジタルTV」「ネットサービス」「モバイルサービス」「電子書籍」「パッケージソフト」「デジタルシネマ」「デジタルサイネージ」「テレマティクス」の8メディアにおけるデジタルコンテンツ市場を中心に調査・分析した。

 2009年の国内のデジタルコンテンツ市場は、規模の大きい「デジタルTV」と「パッケージソフト」の両メディア市場が縮小し、前年比2.5%減の7兆6798億円となった。

 メディア市場でとくに伸びているのが、「電子書籍」「ネットサービス」「デジタルサイネージ」。「電子書籍」は携帯電話・スマートフォン向けが好調で、「ネットサービス」はオンラインゲームを中心に拡大している。「デジタルサイネージ」は流通・小売業で導入が進んだ。

 最も市場規模が大きい「デジタルTV」は、2009年に市場が縮小した反動もあり、2014年までは拡大するが以降は縮小すると予測している。

 一方「パッケージソフト」は、2010年も市場の縮小が続き、前年比0.2%減の7兆6676億円と見込んでいる。とくに音楽コンテンツの減少が目立つとしている。

 今後のデジタルコンテンツ市場は、2010年から一部の企業で業績が回復し徐々に広告収入も戻ってきているため、2011年以降プラスに転じると予測。ただ、パッケージソフトの縮小が続くため微増に留まる。2014年は、8兆1211億円の市場規模になると見込んでいる。