ワンビ(加藤貴社長)は8月13日、遠隔データ消去ソリューション「トラストデリート」について、日本ユニシス(籾井勝人社長)と販売代理店契約を締結したと発表した。

 「トラストデリート」は、パソコンが紛失、または盗難にあった際に、サーバーに消去指示を送るだけで対象の重要データを遠隔操作で消去することができるセキュリティ製品。今回の合意により、日本ユニシスは同製品の提供が可能となり、日本市場向けに展開してきたセキュリティブランドである「iSECURE」の商品ラインアップを強化する。一方、ワンビでは販売ルートの拡大を図っていく。