NEC(遠藤信博社長)とエプソン販売(平野精一社長)は、RFID(無線ICタグ)と携帯電話を活用した営業支援システムの実証実験を、2010年9月中旬まで、共同で実施する。

 実験は、NECのクラウドRFIDサービス構築基盤「BitGate」のモバイル版を活用して実施するもの。量販店10~15店舗に設置したプリンタなどのエプソン展示機にRFIDを装着し、あらかじめ各RFIDに紐付いた詳細情報(製品型番、量販店情報、担当者名など)をエプソン販売のサーバーに登録。エプソン販売の営業担当者が小型のRFIDリーダライターをかざして読み取った情報を携帯電話からサーバーに送信し、量販店に設置される展示機の状態を現場で確認・入力。情報の一元管理・分析に役立てる。

 エプソン販売は、これまで展示機の状態を営業担当者が規定の用紙に手書きした後、帰社後にデータ入力してサーバーで管理する方式をとっていた。

 NECは、今後、RFIDマルチリーダライター搭載の携帯電話端末を用いたモバイルクラウドサービスの拡充を進め、今年度内のサービス提供を目指す。

共同実験のイメージ