マイクロソフト(樋口泰行社長)は、ITベンチャー向け年次イベント「Microsoft Innovation Day 2010」を、12月2日に「ベルサ―ル九段」(東京・千代田区)で開催する。参加は無料で事前登録制。マイクロソフトの専用ページで申し込みを受け付けている。

 「Microsoft Innovation Day 2010」は、起業して間もないITベンチャー企業への事業支援を目的に、マイクロソフトが毎年開催しているイベント。今年は、最新のクラウドコンピューティング技術がもたらす可能性について、デモンストレーションや事例などで紹介する。

 基調講演は、樋口社長が「クラウドで拡がる人と社会の可能性~つながる、ひろがる、かわる~」をテーマに行う。スペシャルセッションは2テーマを用意し、まずタレントのアグネス・チャン氏をゲストに迎え、業務執行役員最高技術責任者でマイクロソフトディベロップメントの社長を兼務する加治佐俊一氏が「わかるクラウド実演解説」を講演。二つ目はアグネス・チャン氏が「ITでつながる人と人との絆」を語る。

 クラウド関連以外には、ITベンチャーの成功のノウハウを説く二つのセッションを用意。日本MITエンタープライズフォーラムの吉田宣也副理事長が、「『エコシステム経営』による、ベンチャー成功のチェックポイント」を講演。北海道のソフト開発企業であるマイスターの野澤宇一郎常務取締役は、「地方ITベンチャーのマイクロソフトとの関わり方」を説く。

 講演と同時に、例年通り、すぐれたITベンチャー企業を表彰する「Microsoft Innovation Award 2010」の最優秀賞表彰式を開催。今年は、イータイピング、イノテック、スカイアークシステム、ステップワイズ、ゼブラルの5社がノミネートされており、会場で最優秀企業を発表する。(木村剛士)