日本ストラタステクノロジー(ストラタス、飯田晴祥社長)は、無停止型サーバー「ftServer」の全機種で、マイクロソフトの「Windows Server 2008 R2 Hyper-V(Hyper-V)」の対応を開始した。

 今回の「ftServer」全機種対応により、これまで仮想化未対応だった安価なエントリモデル「ftServer 2600システム(ftServer 2600)」において、初めてWindows Server 2008 R2の対応を可能にした

 この組み合わせにより、SMB市場に分散エッジアプリケーションの仮想化プラットフォームとして、エンタープライズクラスと同等のサービスおよび99.9999%(シックスナイン)以上の連続稼働率を低価格で提案することが可能となった。「ftServer2600」システムの税別最小稼動構成価格は175万800円。