グリー(田中良和社長)とIDCフロンティア(真藤豊社長)は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「GREE」ユーザー向けに提供されるソーシャルアプリを対象に、サーバーやネットワークの機能を貸し出すクラウドコンピューティングサービス「GREE クラウド powered by IDC Frontier」の提供を、11月17日に開始した。

 「GREE クラウド powered by IDC Frontier」は、IDCフロンティアのパブリック型クラウドサービスであるNOAHプラットフォームサービス(NOAH)の開発・運用ノウハウを生かしたサービス。グリーが提供する「GREE Platform」専用のインフラサービスとして、ソーシャルアプリの開発パートナー(GREEパートナー)向けに提供する。

 サーバー・ネットワークなどのインフラコストを極力抑えつつ、アプリの提供開始から収益性を確保できるまでの期間の支援や、突発的なアクセス増への対応などが可能になる。