三井情報(MKI、下牧拓社長)は、小・中規模コンタクトセンター向けオールインワン・パッケージソリューション「MAGLO(MKI All in one Green&Lasting Optimized Solution)」の新ラインアップとして、コンタクトセンター機能とオフィス電話機能をワンセットで提供する「MAGLO Type-C」を11月17日に発売した。

 「MAGLO Type-C」は、小規模コンタクトセンターとオフィス電話機能を利用する100席以下のユーザーを対象としたソリューション。コンタクトセンターインフラとオフィス電話機能を統一し、同一のパッケージで提供する。Cisco UCソリューションをベースとしたオールインワン・パッケージとしたことで、低コストでの提供と障害発生時の迅速な対応を可能にした。

 同製品は、コンタクトセンターの基本機能に絞っているエントリーモデル。一方で、通話録音機能やレポート機能の標準提供に加えてなオプション機能を用意している。

 価格は20席で500万円から。同社では、年間で20システムの販売を目標としている。