兼松(下嶋政幸社長)と日本ユニシス(籾井勝人社長)は、大阪府の協力の下、電気自動車(EV)向け充電インフラシステムサービスで連携することで合意した。

兼松と日本ユニシスのシステム利用に関する連携概念図

 兼松が運営する充電器を利用して、2010年度内をめどに、ユーザー認証機能のシステム連携を実現する。今後、システムの予約機能の連携や満空ステータス情報の連携、利用履歴のシステム連携などを図っていく。

 兼松は、EV用充電インフラ事業の立ち上げに取り組むプロジェクトチーム「VOLTA」で、充電器を利用するときの認証・課金システム、携帯端末を利用した充電器位置情報の配信や充電器の予約制御などのシステムを開発し、実証実験を行っている。

 日本ユニシスは、EV・プラグインハイブリッド車(PHV)向けの充電インフラシステムサービス「smart oasis(スマートオアシス)」を開発し、自治体やガソリンスタンドなど社会実証実験に提供している。(ゼンフ ミシャ)