CA Technologies(バスター・ブラウン社長)は、オンプレミス型の認証強化ソリューション「CA Arcot WebFort」と不正行為防止ソリューション「CA Arcot RiskFort」ソリューション、SaaS型サービスとして認証強化と不正行為防止ソリューションを提供する「CA Advanced Authentication Cloud Service」を発売したと発表した。2010年10月に買収したArcot Systemsのソリューションを、自社ブランドとして展開する。

 Arcot Systemsは世界最大級のクラウド認証サービスを提供しており、クレジットカードユーザーを中心に全世界で1億5000万の顧客をもつ。「IAM(Identity and Access Management)製品群を強化し、クラウド戦略を推進するために買収した」(マーケティング本部プロダクトマーケティングの金子以澄マネージャー)という。 

マーケティング本部プロダクトマーケティングの金子以澄マネージャー

 認証強化ソリューション「CA Arcot WebFort」は、証明書認証の「ArcotID」とワンタイムパスワード「ArcotOTP」を、PCだけでなくスマートフォンにも提供する。ソフトウェアトークンだが、キー隠ぺい技術の『Cryptographic Camouflage』によって、ハードウェアトークンと同等の強固なセキュリティを担保している。ユーザーが「ArcotID」のパスワードを入力するだけの認証で、運用工数が削減できる。

 不正行為防止ソリューション「CA Arcot RiskFort」は、リスクベース認証をサポート。オンライン上でのアイデンティティ情報の盗用、オンライン詐欺からデバイスを守る。リアルタイムでリスク評価を行い、不正を疑われる行為を判断し、再度の認証要求や通信終了のアクションを実行する。また、「DeviceDNA」機能でアクセスしてきたデバイスの情報を解析し、特徴の取得や、前回アクセスとの比較で不正な行動を検知する。ユーザーネットワーク「Arcot Fraud Prevention Network」を通じて、ワールドワイドレベルで脅威情報を共有する。

 「CA Advanced Authentication Cloud Service」は、これらの機能をクラウドから提供する。 

セキュリティ&VSAソリューション営業部の古場達朗部長

 CA Technologiesでは、「金融や通信事業者を中心に、クラウド事業者やDC事業者にとっても有益なソリューションとなる」(セキュリティ&VSAソリューション営業部の古場達朗部長)として、金融、通信事業者、ITサービス、官公庁や医療などに拡販を図る。パートナーの直販部隊と連携して、大企業に対して、オンプレミス型の「CA Arcot WebFort」「CA Arcot RiskFort」とSaaS型の「CA Advanced Authentication Cloud Service」を訴求。中堅規模以下に対しては、CAの「CA Advanced Authentication Cloud Service」の提供、もしくはパートナーのデータセンターから提供するサービスの利用を提案する。(鍋島蓉子)