IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、3月11日、国内携帯電話市場の2010年第4四半期(10年10~12月)と2010年通年の出荷台数を発表した。

 第4四半期の出荷台数は、前年同期比7.0%増の925万台で、前四半期に引き続き5四半期連続のプラス成長となった。全通信事業者(キャリア)がAndroid搭載のスマートフォンを発売したことが主要因と分析している。スマートフォンの出荷実績をみると、Android搭載モデルは第4四半期だけで約150万台で、iPhoneを上回った。通年の出荷台数もスマートフォンの急成長でプラス成長で、前年比6.8%増の3615万台となった。

 10年第4四半期における端末ベンダー別シェア順位は、スマートフォンが好調なシャープがシェアは24.5%で1位を獲得。は19四半期連続トップを維持した。

 IDC Japanの木村融人シニアアナリストは、2011年の見通しについて「Android搭載の新端末とiPhoneの新モデルが市場投入されることで、スマートフォン市場は年間を通して拡大する。出荷台数比率は、40~50%に急上昇する可能性が高い」とコメントしている。(木村剛士)