日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、3月14日、東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、通信インフラへの負荷軽減と節電への配慮などから、3月15日午後1時(日本時間)に予定していた最新ブラウザ「Internet Explorer 9 日本語版」の提供延期を発表した。

 新たな提供日は「復旧状況をみながら決定する」としており、現時点では未定。なお、日本語版以外は予定通り提供する。(木村剛士)