パナソニックグループは、東北地方太平洋沖地震の被災者の救済や被災地の復興のため、義援金として3億円を送ることを決定した。このほか、支援物資として、ラジオ1万台、懐中電灯1万個、乾電池50万個を送る。

 また、被災者の電力確保に協力するため、パナソニックグループは、関連の事業所で屋外広告灯の消灯など、不急の電力使用を控えるなどの措置を取る。