インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、3月16日、東日本大震災で被災した岩手県、宮城県、福島県の自治体が運用するウェブサイトへのアクセス集中を軽減させるため、ミラーサイトを開設した。

 ミラーサイトは、元のウェブサイトがもつコンテンツと同一の内容を表示するウェブサイト。主に、ウェブサイトを運用するサーバーのアクセス負荷を分散させる目的でつくられる。

 IIJは、震災で各自治体のウェブサイトにアクセスが集中し、閲覧が困難になった場合、被災環境下では各自治体が迅速にシステムを増強できないケースがあると判断。被災した地域のミラーサイトを一覧形式で表示しすることにした。市民は、市町村サイトの情報をスムーズに閲覧できる。

 ミラーサイトは、「IIJ GIOホスティングパッケージサービス」を活用する。サービスを稼動させるIT設備は関西地域にあるので、東北・関東地方の電力不足の影響を受けることがない。(木村剛士)