NTTコミュニケーションズ(NTT Com、有馬彰社長)は、東日本大震災の被災者支援を行う企業・団体などを対象として、クラウド型ホスティング「Bizホスティング」と、企業向けTwitter/Facebookクライアント「CoTweet」の無償提供を開始した。

 「Bizホスティング」を活用することで、災害や被災者支援情報などを提供するウェブサイトへアクセスが集中した際に、柔軟にサーバーリソースを増強することができる。「ベーシック」「エンタープライズ」「グローバル」のすべてのサービスが無償提供の対象となる。また、「CoTweet」は、Twitter/Facebookによる情報交換が大量に行われている状況に対応するもの。いずれも、無償提供の適用期間は1か月程度。