モバリアル(木谷俊介社長)は、3月29日、GREE、モバゲー、mixiのフィーチャーフォン版/スマートフォン版オープンプラットフォームに対応した業界初の次世代ソーシャルアプリケーション構築パッケージ「メディアマイスタ for SAP」を発売した。

 「メディアマイスタ for SAP」は、ソーシャルアプリのソリューションとして、GREE、モバゲー、mixiのフィーチャーフォン(=通常型の携帯電話)、スマートフォン各プラットフォームに対応し、恋愛シミュレーション系/アドベンチャー系ジャンル向けのゲームシステム構築を、低コストや短納期で実現できる。

 直感的に使えるインターフェースによって、誰でも簡単にストーリーを作成することができる。さらに、フィーチャーフォン向けとスマートフォン向けの高解像度を分けて一括作成することが可能。フィーチャーフォン版とスマートフォン版のシステムは統合されており、それぞれのアプリの更新やレポーティングなどの作業を一元化することで、運営の手間を軽減できる。

 管理画面では、登録数、課金率、ARPU、売上、PV数、利用者数などの基本情報に加え、アプリ内仮想通貨(ポイント)やガチャの利用状況、ストーリー到達/離脱状況、ストーリー進行状況に応じた課金状況、ヒットアプリの指標となるアクティブ率など、ほとんどすべての情報をリアルタイムで確認することができる。

 全プラットフォーム対応のシステムを最短6営業日で納品可能。定額で月額費用を支払う固定費プラン、初期費用を0円から低コストに抑えて協業での収益化を目指すレベニュープランを用意している。