日本技芸は、5月9日、Google Apps for Business(Google Apps)に、企業の業務に不可欠な申請・承認・回覧などのワークフローを追加する拡張サービス「rakumoワークフロー」を発売した。月額利用料は1ユーザーあたり315円。

 Google Appsは、Googleが提供しているクラウド型のビジネス向けアプリケーションサービス。標準機能として、メール、カレンダー、ドキュメントなど、業務に役立つさまざまなコミュニケーション、コラボレーションツールを用意する。 

「rakumoワークフロー」の画面イメージ

 「rakumoワークフロー」は、Google Appsが提供していない経費申請などの各種申請や承認、回覧などのいわゆるワークフロー機能を提供。インターネット環境があれば、ブラウザ上でどこでも利用できる。 

承認者が判断しやすい承認画面

 承認画面は、管理者・意思決定者が、直前のコメントや今後の決済フローを手早く確認しながら「承認」や「差し戻し」を迅速に行えるよう、画面の上から下に時系列でフローを表示し、ひと目で流れがわかるレイアウトを採用。rakumoシリーズの特徴であるシンプルな操作性、わかりやすく見やすい画面デザインを継承し、初めてワークフローを使うユーザーでも、迷わずに操作できる。

 利用には、別途Google Apps for Businessの契約・ライセンス料が必要。「rakumoワークフロー」とGoogle Apps、販売中のrakumoシリーズ(rakumoカレンダー、rakumoコンタクト)をあわせて導入すると、主要なグループウェア機能をすべてクラウド環境に移行でき、費用も1人1か月1000円以下(税別950円)に抑えることができる。(嵯峨野 芙美)