日本技芸は、4月4日、Google Apps for Business(Google Apps)の主要機能の一つであるGoogleカレンダーをグループカレンダーとして利用できる拡張サービス「rakumoカレンダー2011」を発売した。月額利用料は1ユーザーあたり105円。

「rakumoカレンダー2011」の画面イメージ。パソコン、iPhone、Android端末、いずれも環境からも同じ情報にアクセスできる

 Google Appsの標準のカレンダー機能ではできないチームやグループでのスケジュール管理ができるようになる。Google Appsとは別に、既存のグループウェアを使用しなくても、クラウド上でグループスケジュールの管理から設備予約までできるので、業務効率がアップする。

 また、グループカレンダーをスマートフォンなどのモバイル機器から使いたいという要望を受け、スマートフォン対応を強化。プラットフォームに依存しないHTML5を利用することで、パソコン、iPhone(iOS)、Androidなど、端末を問わず、ブラウザ上で同じ情報にアクセスできるようにした。従来、スマートフォンでは難しかった複数ユーザーのスケジュールの同時表示に対応し、外出先からスマートフォンで複数メンバーの打ち合わせの予定を登録することもできる。

「rakumoカレンダー2011」を導入すると、「Googleカレンダー」をグループウェアのように利用できる

 Google Apps同様、クラウド型サービスとして提供する。利用にあたり、別途、Google Apps for Businessの契約・ライセンス料が必要。現行のPC版の「rakumoカレンダー」のユーザーは、無料で「rakumoカレンダー2011」にバージョンアップでき、バージョンアップ後は、スマートフォン版の「rakumoカレンダー2011」を無料で利用できる。(嵯峨野 芙美)