アシスト(ビル・トッテン代表取締役)は、オープンソースOS(OSS)のUbuntuの主要開発元である英Canonical Limited社(ジェイン・シルバーCEO)と国内総代理店契約を締結し、Canonicalが提供する「Landscape」のサブスクリプションサービス「Ubuntu Advantage」の取り扱いを開始する。

 Ubuntuは、サーバー、クラウド、デスクトップのLinuxディストリビューション。高度な機能やアプリケーションを搭載し、堅牢でセキュアなサーバー、デスクトップ、仮想マシン、クラウド環境を実現する。

 「Ubuntu Advantage」は、Ubuntuを搭載したサーバーやデスクトップ・マシンを効率よく管理・監視するツール「Landscape」の提供とサポートをまとめ、サブスクリプションとして提供するサービス。

 「Landscape」によって、単一インターフェースでサーバー、デスクトップ、仮想マシン、クラウドなど、すべてのUbuntuシステムの管理が容易になり、タスクの自動化や、パッチの適用などを簡単に行うことができる。(ゼンフ ミシャ)