ニュース

大塚商会、「たよれーる」とOffice 365を組み合わせたクラウドサービス

2011/06/30 10:33

 大塚商会(大塚裕司社長)は、2011年6月29日、クラウドサービス「たよれーる Office 365」を提供開始した。

 「たよれーる Office 365」は、日本マイクロソフトが29日に発表した新クラウドサービス「Microsoft Office 365」と大塚商会のITサポートサービス「たよれーる」を組み合わせたもの。スマートフォン対応のメールサービスのほか、ウェブ会議や在宅勤務に活用できるサービスなどを提供する。別途導入支援サービスも用意している

 税別価格は、シリーズ1「スマートフォン対応大容量メールコース」が3人月額4500円、追加1人あたり月額500円。シリーズ2「在席確認&企業チャットコース」が3人月額600円。シリーズ3「Web会議&デスクトップ共有コース」が3人月額1950円。シリーズ4「Office 2010月額利用コース」が1人月額1630円。シリーズ5「メール・在席確認・文書管理コース」が3人月額5400円。3年間で1万社への販売を目標にしている。

 今後は、同社のノウハウや独自サービスに加え、OSK、サイボウズ、ビービーシステムの各社がもつサービスと「Microsoft Office 365」を組み合わせ、クラウドによる業務効率化を提案していく方針。同社のパートナー企業への提供についても計画している。
  • 1

関連記事

日本マイクロソフト、「Office 365」正式発売で会見、パートナーも拡販に意欲

東大、学内の「サブウェイ」でLED活用、店舗の消費電力15%削減、大塚商会が協力

大塚商会、ファイルサーバーの入れ替えを検討する顧客に使用状況可視化サービス

大塚商会、東京都が本社ビルを地球温暖化対策のトップレベル事業所に認定

大塚商会、日立、アシストの3社、中小規模システム向けBIソリューションを提供

外部リンク

大塚商会=http://www.otsuka-shokai.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>