日立情報システムズ(原巖社長)は、東日本大震災で被災した漁業従事者支援のため、社員からの募金と同額を会社が支出するマッチングギフト方式によって小型漁船5隻分の購入資金を確保し、10月中の完成・寄贈に向けて手配を進めている。

 社員からの募金は578万円が集まり、マッチングギフトによって倍額の1156万円を漁船購入資金として確保した。(ゼンフ ミシャ)