日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、日本企業が海外市場へ進出するための各支援サービスを体系化した「GNEXT(ジーネクスト)」を4月25日に開始した。

 「GNEXT」は、会社設立の支援からITインフラの構築、設立後の事業運営のサポートまでをワンストップで提供する海外進出支援サービス。サービス開始に合わせて、日立情報では海外進出のニーズが強い中国やタイ、ベトナムなどのアジア地域を中心に、関連する企業と連携するコンソーシアムの結成に向けて、現地企業との協業を開始した。

 国や地域ごとに商慣習やIT・通信事情、文化が異なるため、コンソーシアムに加盟している現地事情に精通したコンサルティング会社や、法律事務所、会計事務所などを顧客に紹介し、互いに連携しながら現地の状況やビジネスモデルに合わせた最適な業務環境の整備をサポートする。

 また、グループ会社の日立キャピタルによるファイナンスサービス、金融関連情報の提供や、日本貿易保険(NEXI)による貿易保険サポートの紹介など、顧客をサポートするメニューを拡充する。