日立情報システムズ(原巖社長)と日立電子サービス(日立電サ、髙橋直也社長)は、5月13日、SaaS/クラウドサービスをユーザー企業自らが注文し、導入できるウェブ上のオープンなマーケットプレース「MINONARUKI(みのなるき)」を開設した。

 「MINONARUKI」は、日立グループのクラウドソリューション体系「Harmonious Cloud」のオープンクラウドマーケットプレースとして、日立グループ各社と日立グループ以外のベンダーのサービスをウェブ上からセルフ販売方式で提供する。

 SaaSの稼働基盤などをワンストップで提供できるので、SaaS/クラウドのサービスベンダーは、「MINONARUKI」で手軽にサービスを提供・販売できる。

 日立情報と日立電サは、マーケットプレース開設に伴って日立ソリューションズと連携し、「MINONARUKI」を通じて各社のSaaS/クラウドサービスを紹介していく。(ゼンフ ミシャ)