情報サービス産業協会(JISA、浜口友一会長=NTTデータ相談役)は、クラウドコンピューティングが情報サービス事業に与える影響や課題を整理した「クラウドコンピューティングが情報サービス事業者に与える影響とビジネス拡大に向けての提言」を公式HP上で公表した。SIerやシステム開発事業者などの現場目線の地に足のついたクラウド研究提言・レポートは、貴重な議論の場を提供することになりそうだ。

 提言の特徴は、SIerなど、顧客に最も近い立場で情報システムを開発する情報サービス事業者の視点に立っていること。開発現場での実践経験に基づいて現実的な対応策を示し、クラウドコンピューティングのメリットだけに焦点をあてた従来の多くのレポートとは一線を画している。

漸進(ぜんしん)的サービス提供モデル

 例えば、クラウド技術を活用したSIerの海外ビジネスについては、「漸進的サービス提供モデル」を提言する。急成長する新興国のビジネススピードに合わせて、必要な機能の情報システムを短期間で段階的にリリースし、クラウドサービスで提供することを想定。メリットだけでなく、課題も整理しており、従来の客先設置型のシステムでは十分にカバーしきれなかった顧客ニーズを、クラウド技術を使うことで補う内容になっている。

 提言は、JISA技術委員会ソフトウェアエンジニアリング部会先端技術調査ワーキンググループ(藤岡秀樹座長=日立ソリューションズのサービス事業統括本部クラウドコンピテンシーセンタ)がまとめたもの。(安藤章司)