グーグル(有馬誠代表取締役)は、9月13日、中小企業・個人事業者支援を目的に、ウェブサイト作成サービス「みんなのビジネスオンライン(みんビズ)」を開始した。ビジネスパートナーとして、KDDIとKDDIウェブコミュニケーションズが参画する。

 中小企業・個人事業者が、ウェブサイトを無料で簡単に作成できるサービス。HTMLなどの専門知識がなくても、15分ほどでつくることができる。ホームページ作成支援ツールには、KDDIウェブコミュニケーションズの「Jimdo(ジンドゥー)」を採用した。

 14の業種別に最適化した100を超えるテンプレートを利用。ウェブサイトを「つくる前」「つくるとき」「つくったあと」のポイントを学びながら、「.jp」を含む独自ドメインの無料取得など、七つのステップで簡単に作成することができる。オンライン決済サービス「PayPal(ペイパル)」を利用したネット販売機能をもたせることもできる。

 このほか、オンライン・電話でのサポートや、セミナーなどでのノウハウ提供を行いながら、中小企業・個人事業者の販路拡大や人材確保を支援する。初年度は15万社の利用を目標とする。

 ウェブサイト作成と1年間の利用料金は無料で、2年目以降、継続する場合は月額1470円が必要。

 サービスの普及には、中小企業基盤整備機構とITコーディネータ協会が協力。中小企業基盤整備機構は先進事例の紹介や中小企業へのサービス浸透を担い、ITコーディネータ協会は所属するITコーディネータが全国の中小企業向けセミナーの講師などを務める。

 サービスサイトでは、実際にウェブサイトを作成した企業の事例を紹介したコンテンツ「みんなの物語」を公開。現在、伊豆・神津島の団体・企業・個人事業者の作成事例を紹介している。

「みんなのビジネスオンライン」のトップページ