ニュース

レノボ、ソニーの元社長出井氏を社外取締役に

2011/10/03 10:37

 レノボの社外取締役に、ソニー元社長の出井伸之氏が就任する。

 出井氏は、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、ソニーに入社。オーディオ事業部長、ホームビデオ事業本部長などを歴任し、家電製品の開発・販売事業に携わってきたほか、海外事業の立ち上げも経験してきた。

 95年に代取締役社長に就いた後、99年から00年まで社長兼CEO、00年から05年まで会長兼グループCEOと、約10年間ソニーのトップを務めた。この間、日本政府のIT基本構想・戦略「e-Japan」の立案にも携わっている。

 ソニーを離れた翌年の06年には、経営コンサルティングサービスや投資事業などのクオンタムリープを設立。代表取締役兼CEOに就任している。(木村剛士)
  • 1

関連記事

<Lenovo×NEC>話題の“PC事業連合体”はどう動くか

レノボ×NEC連合の誕生 新会社が放つ“衝撃度”はいかに

NECとレノボが新会社設立会見、「NEC以外に考えられなかった」とレノボ

<インタビュー・時の人>レノボ・ジャパン 常務執行役員コンシューマ事業 大岩憲三

外部リンク

レノボ・ジャパン=http://www.lenovo.com/jp/ja/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>