インパーバ・ジャパン(長坂美宏ジャパンゼネラルマネージャー)は、クラウド型のウェブセキュリティサービス「Imperva Cloud WAF」と「Imperva Cloud DDos Protection」の提供を開始した。

 「Imperva Cloud WAF」は、クラウド型のウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)。専門のセキュリティ担当者がいない中小企業などを対象に、ウェブアプリケーションを狙った攻撃からの防御や、PCI DSSコンプライアンスへの対応を提供する。セキュリティでは、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、リソースへの不正なアクセスをはじめ、既存および新たに発生する脅威からウェブを防御する。

 「Imperva Cloud DDos Protection」は、DDos攻撃の防御に特化したクラウド型のウェブセキュリティサービス。ネットワークだけでなく、アプリケーションを狙ったあらゆるタイプのDDos攻撃を防御する。

 両サービスとも、ハードウェアとソフトウェア、既存ウェブサイトのコード変更の必要が一切なく、DNS設定に変更を加えるだけで導入できる。