大塚商会(大塚裕司社長)は、通信販売業向け業務システムを12月20日に発売する。通信販売業のほか、製造・卸・小売業など異業種の新たな販路開拓や取り組みを支援する。

 通信販売業向け業務システムは、子会社であるOSKの販売管理システム「SMILE BS 販売」をベースに、綜合システムプロダクツが開発した通販に特化したテンプレート「Smart通販」を、大塚商会が組み合わせて販売するもの。従来の他業種向けテンプレートとの親和性が高く、食品製造業やアパレル業、小売業などさまざまな業種の基幹業務にも対応できる。

 オプションやテンプレートを組み合わせて利用することで、通販コールセンターやECサイト、物流業務などでの受注から出荷、サポートまでのフルフィルメント対応システムを安価に構築できる。

 SMILE BS 通信販売業向けテンプレート「Smart通販」の税別価格は、スタンドアロン版が250万円から、ネットワーク対応版が400万円から。