ノークリサーチ(伊嶋謙ニ社長)は、1月24日、国内の企業向けクラウドコンピューティング市場規模の調査結果を発表した。

 ノークリサーチは、2010年時点での企業向けクラウドコンピューティング市場規模予測――11年に1029億円、2012年に1937億円、2013年に3340億円――を踏まえ、クラウド市場の拡大が2010年当時の予測と比べて大きく減少していると分析。その要因として、「コスト削減効果への過剰な期待」「東日本大震災を主な要因とする啓発の遅れ」「事業継続対策を目的としたクラウド活用の伸び悩み」の三点を挙げている。

 同社は、「コスト削減効果への過剰な期待の反動として生じた幻滅感に加え、2011年に進むはずだった個別の業務や業種・業態にもとづくクラウド活用の啓発が、東日本大震災の影響で大きく遅れている」という。打開策として、ユーザー企業の個別の業務や個々の業務を詳しく把握したうえでの地道な提案活動が必要だとしている。(ゼンフ ミシャ)

国内クラウド市場規模(単位=億円)、出典:ノークリサーチ