日本システムウエア(NSW、青木正社長)は、1月25日、さまざまな端末でクラウド上のデータを共有するサービス「AppNow!」の提供を開始すると発表した。

 端末側にデータを残さずに、スマートフォンやタブレット端末などからクラウド上に保存する文書や写真、音声、電話帳などの共有ファイルにアクセスできるサービス。アクセス権限は利用者ごとに設定でき、部署内に限定した情報共有など、ビジネス利用に必要なセキュリティも備えている。

 また、ソフトウェア開発キットを活用することで、「AppNow!」を基盤とした自社業務に適した独自アプリケーションの開発や、要望に応じて顧客社内に独自の「AppNow!」環境(オンプレミス)を提供することもでき、より高度な情報共有のサービスとして利用できる。

 NSWは、今後1年間で20社への納入を目標としている。