NECは、2月8日、企業が業務に使用するスマートフォンやタブレット端末を効率的に管理するMDM(Mobile Device Management)サービス「スマートデバイス管理サービス」の販売を開始した。

 企業がスマートフォンやタブレット端末などを使用する際、利用状況のチェックや盗難・紛失時の情報漏えい防止措置、ソフトウェアの更新、リモートデータ削除など、端末の管理を行う部門に必要な幅広い機能をクラウドサービスで提供する。とくに、組織が多階層・多部門にわたる企業が利用する際に最適なグループ設定やグループごとの管理者設定、グループ管理者への利用権限設定機能などが特徴で、管理者向けの専用サービスデスクも提供して企業のIT部門の負担を大幅に軽減する。

 税別価格は、初期費用が30万円、サービスの利用料金は300IDの場合、1IDにつき月額300円。同社では、今後3年間で100社への提供を目指す。なお、すでに出光興産が業務用に導入したNECカシオモバイルコミュニケーションズ製の「ドコモ スマートフォン MEDIAS WP N-06C」の運用管理で利用を開始している。