NEC(遠藤信博社長)とNECネッツエスアイ(山本正彦社長)は、岐阜県加茂郡白川町に、Android搭載タブレット端末「LifeTouch」を活用して独居世帯の安否確認や見守りなどを行うシステムを納入した。

 白川町は、独居世帯に対する見守りサービスとして、これまで社会福祉協議会などが電話連絡や民生委員による訪問などを行ってきた。今回、福祉対策強化の一環として、新システムと町内に整備された地域ネットワーク(光ケーブル)をベースに、独居世帯と自治体が「LifeTouch」の画面上で日々連絡を取り、自治体の負担を軽減しながらきめ細やかな見守りを実現する。1月末から35世帯で利用を開始し、順次、独居世帯への展開を拡大する。

 NECとNECネッツエスアイは、1月17日、白川町での実績をもとにした独居世帯の安否確認や見守りなどを行うシステムを「ライフコミュニケーションサービス」の名称で発売した。「LifeTouch」などのタブレットを活用し、見守り機能やテレビ電話機能、電子回覧機能、買い物支援機能などを提供する。