SmartCloud推進部門
尾西弘之部門長
 NTTコムウェア(杉本迪雄社長)は、データセンター(DC)の省電力化に取り組んでいる。昨年末、企業向けクラウドサービス「SmartCloud」の基盤となる自社DCで、新しい空調方式の実証実験を開始した。現在、DCのエネルギー効率を示す「PUE」で、1.1の数値を実現している。

 実証実験は、DCのエネルギー費用を削減し、「SmartCloud」の提供価格を下げる。これによって、クラウドサービスの販売を拡大するのが狙いだ。今後、「SmartCloud」用のDCに加え、ユーザー企業のサーバーを預かるハウジング用のDCでも実証実験を行い、エネルギー使用の効率化を図る計画だ。

 SmartCloud推進部門の尾西弘之部門長は、「ハウジングの需要が活発に伸びている。低いPUE値を武器に、他社のDC事業者との差異化を図る」としている。(ゼンフ ミシャ)