マウスコンピューター(小松永門社長)は、タブレット端末「LuvPad(ラヴパッド)」シリーズの新製品として、防塵と防滴、耐衝撃性をもち、OSにWindows 7を採用したタブレット端末「LuvPad WN701」を4月下旬に発売する。

 丸みのあるきょう体に7型のディスプレイを搭載し、防塵・防滴で、落下にも強いタブレット端末。CPUはインテル Atom プロセッサ Z650で、OSはWindows 7 Home PremiumかWindows 7 Professionalを選択することができる。Windows Embedded Standard 7にも対応し、特定動作をさせるためにムダな機能を排除した仕様にカスタマイズもできる。

 このほか、セキュリティチップのTPM(Trusted Platform Module)を標準搭載。パスワードや暗号鍵などの機密情報をあらかじめTPMに格納し、情報漏えいを防ぐ。メモリは2GBで、ストレージは32GBのSSD。ネットワークは、無線LAN(IEEE802.11b/g/n準拠)と「Bluetooth 3.0 +HS」をサポートする。

 価格は、Windows 7 Home Premium with SP1 32ビット正規版モデルが4万9980円。Windows 7 Professional 32ビット正規版モデルが5万4980円。

LuvPad WN701(画面はイメージ)