ビットアイル(寺田航平社長兼CEO)は、Windows Serverのシステムに最適化したプライベートクラウドサービス「CLOUD CENTER for Windows」の正式版の提供を開始した。

 日本マイクロソフトの最新運用管理ソリューション「System Center 2012」と、ハイパーバイザー「Hyper-V」を活用し、Windows Server環境で稼働するシステムの構築・運用を目的としたプライベートクラウドサービス。

 ユーザー企業は、企業内の基幹・業務システム、情報系システムなどに広く利用されているWindows Serverを中心とした日本マイクロソフト製品群を基盤としたシステムの運用・管理を大幅に効率化することができる。

 ビットアイルは2月14日に「CLOUD CENTER for Windows」を発表し、以降クローズドでベータサービスを提供してきたが、「System Center 2012」の提供が始まったことに伴い、正式サービスを提供する。2011年秋に開始した「ビットアイルクラウドパートナープログラム」に参加するSIerやISVとのパートナー企業と連携し、拡販していく。

 税別価格は、基本サービスの冗長構成プランが初期費用5万円、月額費用32万8000円、シングル構成プランが初期費用5万円、月額費用18万4000円。ビットアイルは、サービス開始から1年間で、契約者数50社/売上げ1億5000万円を目標としている。