リードエグジビションジャパン(石積忠夫社長)は、東京ビッグサイトで世界最大級のものづくりに特化した展示会「ものづくりワールド2012」を6月20~22日の三日間開催する。

 この展示会には、製造業向けITソリューション専門展の「設計・製造ソリューション展(DMS)」が設けてあり、今回で23回目を迎える。「DMS」は、CADをはじめとして、CAEやERP、生産管理システムなど最新の製造業向けITソリューションが展示してある展示会で、これまで製造業の設計・開発、製造・生産技術、情報システム部門のユーザー企業が多く来場しているが、出展企業と活発に商談することができる場として注目を集めている。

 同社では、この「ものづくりワールド2012」で、ほかにも「第20回 3D&バーチャルリアリティ展(IVR)」「第16回機械要素技術展(M-Tech)」「第3回医療機器開発・製造展(MEDIX)」を同時に開催している。展示会全体の基調講演として、トヨタ自動車の新美篤志・取締役副社長が「トヨタのグローバル生産とモノづくり革新」と題して登壇。「DMS」の専門セミナーでは、マツダで商品企画やプログラム開発推進、デザインなどを担当する藤原清志・執行役員が特別講演を行う。

2011年の「DMS」の様子

開催概要
開催日:6月20日(水)~6月22日(金)
開催時間:10:00~18:00 <22日(金)のみ17:00終了>
会場:東京ビッグサイト
来場対象:製造業の設計、開発、研究、生産技術、製造、生産管理、情報システム、経営企画、知的財産、品質管理、工場・設備管理、購買、人事部門