クアルコムMEMSテクノロジーズと都築電気(TDC、日浦秀樹社長)は、6月27日、TDCが日本のユーザー企業向けにミラソルの反射型ディスプレイ技術を用いた製品を生産する予定と発表した。またTDCは、製品本体とパッケージ上でミラソル・ブランドをプロモートすることで合意した。

 クアルコムMEMSテクノロジーズが開発したミラソル・ディスプレイは、蝶の羽がきらめくのと同じ原理の色彩創生過程を応用して、周辺の反射光をもとに色彩を創り出すマイクロ・エレクトロ・メカニカル・システムベースのテクノロジー「インターフェロメトリック・モデュレーション」を用いたディスプレイ。双安定でエネルギー効率が高く、インタラクティブなコンテンツをサポートするリフレッシュ速度を提供する。反射性が高いので、明るい太陽光の下を含むさまざまな環境で高い表示品質を実現する。