ネットワンシステムズ(ネットワン、吉野孝行社長)は、自然科学研究機構(佐藤勝彦機構長)岡崎地区のネットワークシステム「ORION 2011」を受注したと発表した。システムは、今年3月に本稼働を開始している。

 「ORION 2011」では、ペタバイト級の研究データを転送するために、100GbEの超高速基幹ネットワークを構築。研究者の利便性を確保し、セキュリティを高めるために、敷地内に無線LANを設置した。ネットワーク接続認証システムと動的VLANとを組み合わせることによって、場所を問わず自身の所属するネットワークに自動接続できる環境を整備している。さらに、接続認証などの各種システムが稼働するサーバー・ストレージ群を仮想環境で構築した。

 「ORION 2011」は、明大寺地区と山手地区間の基幹ネットワークを、100GbEモジュールを搭載したブロケード「Brocade MLXeシリーズ」によって100Gb/秒で接続。各地区内に無線LANを整備すると同時に、日立電線「Apresiaシリーズ」によってネットワーク認証機能を利用できるようにして、動的VLANを実現した。セキュリティは、アプリケーションごとの利用制御ができるファイアウォールとして、Palo Alto Networks「PA-5060」を採用した。

 サーバー群は、ネットワーク接続認証システムやウェブサーバー、DNS、メールサーバーなどを「VMware vSphere」による仮想環境上で稼働させている。ストレージは「EMC VNX 5300」を利用し、FAST VP機能によってデータの自動階層化を実現。このほか、バックアップ装置として重複除外機能が利用できる「EMC DataDomain 630」を導入している。