ニュース

日本ストラタス、無停止型仮想化プラットフォームの監視ツールオプション

2012/07/19 14:38

 日本ストラタステクノロジー(日本ストラタス、飯田晴祥社長)は、米サイトラインシステムズと日本サイトラインシステムズ(中川優介社長)とのパートナーシップで、日本ストラタスの無停止型仮想化プラットフォーム「Stratus Avanceソフトウェア」の監視ツールオプションとして、「SightLine for Avance」を発売した。

 「SightLine for Avance」は、「Stratus Avanceソフトウェア」を搭載したシステムで稼働するゲストOSとアプリケーションソフトを常時監視し、障害予兆の検出と、問題解決を支援するソフト。

 システム監視・分析用ソフト「SightLine Systems」のなかから、「Stratus Avance」のプラットフォームで稼動するアプリケーションソフトの安定運用に最適なモジュールを選び出し、パッケージソフトにすることについて、米サイトライン システムズと合意。製品化に至った。

 日本ストラタスは、「SightLine for Avance」を「Stratus Avanceソフトウェア」の付加価値を高めるオプション製品と位置づけ、「Avanceプラットフォーム」で稼働するアプリケーションソフトの安定稼働に加え、システム全体の運用効率化、生産性向上へのニーズに確実に応えるソリューションとして提供する。
  • 1

関連記事

SRA、日本ストラタスの無停止型仮想化プラットフォームを販売開始

ストラタス、8年連続でマイクロソフトの「ゴールドパートナー」に

SCSKとストラタス、NetIQ、ランブックオートメーション分野で協業

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>TIS 月額5万円のサービス料金を実現 シンプルな物理構成で導入コストを抑える

日本ストラタス、「VMware vSphere 5」対応の「ftServer」最新モデルを発売

外部リンク

日本サイトラインシステムズ=http://www.sightlinesystems.co.jp/

日本ストラタステクノロジー=http://www.stratus.co.jp/

「SightLine for Avance」=http://www.stratus-avance.jp/products/sightlineforavance.html

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>