ニュース

KEL、NTT西日本「フレッツ光」ユーザー向けのPC遠隔制御サービス「DESKTOP+Plus &フレッツ」

2012/07/27 14:38

 兼松エレクトロニクス(KEL、榎本秀貴社長)は、西日本電信電話(NTT西日本、村尾和俊社長)が提供するインターネット接続サービス「フレッツ光」のユーザー企業向けに、PC遠隔制御サービス「DESKTOP+Plus &フレッツ」の販売を開始した。

 インターネットを介して、外出先から会社や自宅のパソコンを遠隔操作するクラウド型のPC遠隔制御サービス。スマートフォンやタブレットなどに会社や自宅のPCのデスクトップ環境を表示して、遠隔地で作業ができる。

 利用料金は、NTT西日本の料金回収代行サービス「フレッツ・まとめて支払い」と連携して、フレッツ光回線の月額利用料といっしょに支払うことができる。兼松エレクトロニクスは、初年度6000ユーザー、2年間累計で6万ユーザーライセンスの販売を見込んでいる。(ゼンフ ミシャ)
  • 1

関連記事

【2012年 年頭所感】 兼松エレクトロニクス

兼松エレ、ドリーム・アーツとクラウドパートナー契約、グループウェア「INSUITE」のサービス提供を開始

兼松エレクトロニクス、BAのコンサルティング・サービス開始、IBMの協力も受けて

KELと日立ソリューションズ、市光工業にグローバル高速転送サービスを納入

KELとニュートラル、クラウド型EDIサービス事業で合弁会社「クラウドランド」を設立

外部リンク

兼松エレクトロニクス=http://www.kel.co.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>