ニュース

インフォテリア、「Handbook」がHTML5に対応

2012/09/03 20:10

 インフォテリア(平野洋一郎社長)は、8月30日、スマートデバイス向けコンテンツの作成・配信・共有サービス「Handbook」に、HTMLでのコンテンツの配信・表示機能を追加したと発表した。HTML5にも対応している。

 HTML5に対応したことで、オフィス文書や画像、動画では不可能だった高い表現力を実現。従来のスマートデバイス向けコンテンツの配布方法に比べると、開発や運用のコストや手間を削減する。ユーザーは、自由に操作できるコンテンツをセキュアに一括配信したり、オフラインで閲覧したりすることができる。スマートデバイス向けアプリケーションの開発技術がなくても、HTMLの制作技術があればスマートデバイス向けのコンテンツを制作・配布することができる。

HTMLコンテンツの配信のイメージ

 またインフォテリアは、同日、アマナインタラクティブ(澤幸宏社長)と富士通エフ・オー・エム(目黒正俊社長)が「Handbook」用のHTMLコンテンツ制作サービスを開始したことをあわせて発表した。(真鍋武)
  • 1

関連記事

インフォテリア、野村證券が約8000台のiPadにコンテンツ配信サービスを採用

インフォテリア 韓国市場に参入 現地パートナーと「Handbook」を拡販

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>ゴルフダイジェスト・オンライン システム全体を可視化 将来はクラウド連携も

インフォテリア、中国に子会社を設立、研究開発や技術サポートを強化

NEC、伊藤忠エネクスにコンテンツ配信クラウドサービスやタブレット端末を提供

外部リンク

インフォテリア=http://www.infoteria.com/jp/

アマナインタラクティブ=http://amanainteractive.jp/

富士通エフ・オー・エム=http://jp.fujitsu.com/group/fom/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>