広島県情報産業協会(HIA、福井五郎会長)は、「地域発ITイノベーション」をテーマとした「情報化シンポジウム広島'12」を、10月23~26日の4日間の日程で広島県情報プラザで開催する。

 共催は情報サービス産業協会(JISA、浜口友一会長)、中国情報通信懇談会(CIC、山下隆会長)、情報通信研究機構(NICT、宮原秀夫理事長)で、経済産業省中国経済産業局、総務省中国総合通信局、広島県、広島市などが後援する。

 初日は、アクセンチュア経営コンサルティング本部戦略グループパートナーの海老原城一氏が基調講演。経済産業省・広島県・広島市・民間IT企業によるパネルディスカッションで、広島地域発のITイノベーションについて討論する。2日目には経営者向けセミナーを、3日目には技術者向けのセミナーを開催する。

 最終日には、「HiBiSインターネットビジネスフォーラム」を開催。広島地域でのインターネットを活用したビジネス事例の紹介や、地域ビジネス活性化のためのビジネス交流会を実施する。

 聴講は無料で、ビジネス交流会は、情産協会員とHiBiSメンバーが参加料2000円、一般参加者が3000円。(真鍋武)