日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、9月18日、中国銀行(宮長雅人頭取)のインターネット・バンキング・システム「ちゅうぎんインターネット・モバイルバンキングサービス」を刷新し、稼働を開始したと発表した。

 刷新では、個人向け国債の購入・中途換金、自動送金の申込み・解約、投信電子交付サービスなどの機能を拡充。さらにインターネット・バンキングを支えるシステム基盤の再構築を支援した。具体的には、クラウド・コンピューティング技術を活用し、仮想化技術によってシステム基盤の共有化、アセットを活用したアプリケーションの標準化、システム運用の標準化と自動化を実現した。(真鍋武)