NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、「ビジネスフォンαシリーズ」に対応したコンタクトセンター向けソフトフォン「CTBASE/JointPro for αシリーズ」を発売した。

 「CTBASE/JointPro for αシリーズ」を導入することで、「αシリーズ」を利用した小規模なコンタクトセンターを短期間・低コストで構築することができる。さまざまなCRMのアプリケーションソフトと連携し、「αシリーズ」と連携した着信ポップアップ機能も利用できる。また、顧客の業務に合わせた最適なCRMアプリケーションが選択できる。

 ライセンスの参考価格は、「ビジネスフォンαNXシリーズ」と組み合わせて、100ユーザー以上で利用する場合で200万円(ライセンス)から。13年度末までに売り上げ1億円を目指す。(木村剛士)