NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、業務用スマートフォンの情報漏えい対策の導入を検討している企業が低価格で始められる「ProgOffice スマートフォンセキュリティ Lite」(ライトパック)を9月3日に発売する。

 「電話の発着信履歴」「電話帳データ」「メール」をスマートフォン内に残さない企業向けの情報漏えい対策ソリューション。スマートフォンアプリと、企業内に設置する管理サーバーマシンで構成する。「ライトパック」は、現在販売しているスマートフォンアプリの機能(電話帳・メール送受信)はそのままに、低価格なミニサーバーで提供する。

価格は、1年目が50万円(100ユーザー)、2年目以降は年間利用料25万円。ラインアップとして、ラックマウント式の管理サーバーマシンを用いた大規模向けの「ProgOffice スマートフォンセキュリティ」(スタンダードパック)も、これまで通り提供する。