NEC(遠藤信博社長)は9月24日、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)から、コンテナ型データセンター(DC)を受注したと発表した。NAISTは、このDCを利用し、災害時のバックアップ環境をキャンパス内に整備する。12月から稼動する予定。

 NAISTは、災害対策(DR)の研究と評価のために、学内にDCの設置を計画していた。短期間・低コストで導入ができて運用・保守がしやすく、セキュリティも確保できるコンテナ型DCを採用することで、教育研究システムの可用性を高めてバックアップ環境を拡充する。また、研究室の既存サーバーをDCに集約することで、サーバーの効率的利用、教員や学生の教育・研究環境の向上、省エネ環境づくりを目指す。

 NECが提供するNECフィールディング製のコンテナ型DCは、汎用空調機を使用。DCの基礎部分に空調機などを収納することで、最大14ラック設置できる広いラックスペースを確保。コンテナ本体は耐震構造で、搭載されるラックも免震装置を装備し、万が一の震災時もデータの安全を確保する。

 NAISTは、今後、学内のDCで、最新の太陽光パネルを使用した発電システムと高圧直流電源を組み合わせた電源の活用によるシステムの継続的稼働や、大学内の建物と同DCを小電力無線システムのネットワークでつなぐなどのDRを計画している。沖縄科学技術大学院大学や北陸先端科学技術大学院大学と連携し、相互バックアップシステムを構築するなど、DCを活用しながらDRと省エネを進める計画。