東芝ソリューション(河井信三社長)は、「全国高等専門学校 第23回プログラミングコンテスト(プロコン)」と、同時開催の「第4回NAPROCK国際大会」に特別協賛した。

 プロコンは、全国高等専門学校の学生を対象としたコンピュータプログラムの技術を競うコンテスト。文部科学省や開催県・市の教育委員会、情報処理関連団体などの後援の下、若手技術者の育成を支援するイベントとして開催されている。今年は、10月13・14日に、福岡県大牟田市の大牟田文化会館で開かれた。

 東芝ソリューションは、プロコンの開催趣旨である「情報産業のグローバル化に対応できる高度なエンジニアの育成を目指す」に賛同し、2006年から7年連続で特別協賛している。

 また、同社はプロコンの支援を開始した06年から、中国のパートナー企業として15年以上にわたって業務提携する東軟集団有限公司グループの東軟信息技術学院の学生・教員の来日を支援。今回参加するモンゴルとベトナム、中国の3か国と日本のITジュニアが、相互に理解を深めることができるようサポートしている。