ソフトエイジェンシー(立岡佐到士代表)は、米ブレケケ・ソフトウェア製の最新版IP-PBXソフト「Brekeke PBX 3.0」を10月22日に発売する。

 クラウドPBXの機能を低コストで簡単に実現するIP-PBXソフト。新版は64ビットOS(Windows/Linux)に対応し、OSの機能を最大限に引き出すことができるようになり、大規模なIP-PBXシステムでも容易に構築できるようにした。

 また、顧客から要望が多かったNTTひかり電話オフィスタイプの直収に対応(Linux版のみ)。ゲートウェイ機器を使用せずにサービスを利用することができる。価格は、通常版20ユーザーが12万3900円、マルチテナント版(サービス事業者向け)がオープン。